さいたま市立 馬宮中学校 Mamiya Junior High School
主題「社会のルールとマナー」
副題〜チャット・掲示板の使い方〜
 
さいたま市立馬宮中学校
 
 1:ねらい
  チャットの使い方を通して、他人が不快に思う行動や、軽い気持ちで書き込んだ事柄が、大きな迷惑にな る可能性もある事を学ぶ。
 
 2:指導計画
 (1)チャットソフトを使用しての、友達間での意見のやりとり。
    (ある程度、PCを使える生徒を前提とする)
 (2)チャットのログを見て、その内容をどう思うかの意見。
 (3)実際に経験した事柄の発表。
    (事例も用意しておく)
 (4)ネット上のルールやマナーの説明と、まとめ。
 
 3:授業実践例
 (1)キューブネクストのチャットソフトを使用して、自由に会話をする。
   ※教師側で、ログを取っておく。
 (2)会話のログを見て、不快に思った文章は無いか発表する。
   ※ある程度、事例を作っておき、それを見せる。生徒への個人攻撃にならないように。
   ※顔の見えない文章だと、心ない言葉が出てきてしまう可能性を考えさせる。
   ※そんな文章を見た時にどう思うか、発表する。
 (3)ネット上でのルールやマナーも、一般生活の物と、何ら変わりがない事を説明する。
   ※顔が見えないだけであって、そこには、確実に心を持った人間が存在する事を
    説明する。
 (4)気軽にできるチャットや掲示板の記入で、どんな気持ちを持ったか、感想を書く。
   ※チャットや掲示板への書き込みは、やってはいけないネガティブな物ではなく、
    使っている者のモラルの問題である。
 
 4:成果と今後の課題
  情報モラルの問題は、生徒も、頭では理解している事が多い。しかし、一般生活のルールやマナーと同じ と説明しても、その前提ができていない生徒もいる。チャットや掲示板に関しても、ツールが悪い訳ではな く、使っている者の問題である事を強調したい。情報教育の問題ではなく、人間として社会生活を送るルー ルやマナーを知っていれば、ネット上でも他人に不快な思いをさせない